城南神輿
城南神輿は、神輿の胴の脇に括り付けられた大拍子と篠笛の拍子に合わせ、「ちょいちょい」という独特の「城南担ぎ」で渡御されます。旧東海道品川宿に端を発し、旧東海道沿線の鮫洲・濱川などの旧猟師町をはじめ、旧池上道沿線の大井・大森、そして大崎・五反田・戸越でも見られますが、極限られた地域内でさえも数が少なく、貴重な神輿とも言えます。

城南神輿は、都心でよく見られる江戸前神輿と大幅に異なり、数多くの形体的特徴が存在します。

担ぎ棒は神輿の前後3本または4本ずつが横に組まれます。担ぎ棒を組む台棒は台輪の棒穴に通さず、台棒の上に台輪を載せ、神輿を一段高く見せると同時に、激しい城南担ぎに耐える、頑丈な組み方となっています。海中渡御でも海水が台輪に浸らないように考案されたものとも言われます。台棒を台輪の棒穴に通す「中通し式台輪」に対して、「品川輦台式台輪」と呼ばれ、棒穴が存在しない神輿が多いことが特徴です。

また、屋根から台輪まで芯棒が貫き、台輪の裏側で楔やボルトで強固に締められています。芯棒がないと、激しい城南担ぎで屋根や胴が大きく振れてしまい、神輿が傷んでしまうため、殆どの神輿が芯棒を入れた上で製作されます。製作年が古く、また江戸前からの組み替えで、芯棒が入っていない神輿でも、修営される際に芯棒を入れる場合が多いです。

そして、化粧綱も神輿の胴の中央で強固に締められ、やはり激しい城南担ぎに耐える、頑丈な結い方となっています。

品川・鮫洲・濱川で往時の海中渡御の際は、神輿の屋根に上がり、葺返しに足を引っ掛け、大拍子や篠笛を演奏していた名残で、殆どの城南神輿には葺返しが存在し、特に品川・鮫洲・濱川では、足を怪我しないように工夫された、厚みのある葺返しが多く見られます。

品川輦台式台輪 心棒
品川輦台式台輪
(太田神社宮神輿二之宮)
芯棒
(太田神社宮神輿二之宮)
化粧綱 葺返し
化粧綱
(太田神社宮神輿二之宮)
葺返し
(市野倉北町会子供神輿)

このように数多くの形体的特徴が存在するので、神輿の担ぎ方をよく理解する地元大工により製作された神輿が多く、過去には石井竹次郎(大工の竹次郎、通称大竹)や中村正治や相原次郎(濱川大神輿の作人札には源宗次と表記、蛯原国雄は源国次と表記)といった、城南では名の知れた神輿師が存在し、数多くの神輿を手掛けました。残念ながら現在は地元に神輿師は存在しません。
宮本睦 鮫洲北町会
石井竹次郎製作の宮本睦の神輿 石井竹次郎製作の鮫洲北町会の旧子供神輿
北濱川仲町会
中村正治製作の北濱川仲町会の神輿 中村正治修営の太田神社宮神輿一之宮
南濱町会 原睦
相原次郎製作の濱川大神輿 相原次郎修営の原睦の神輿

浅草や行徳の神輿師により製作、修営される神輿も存在しますが、地元に神輿師が存在しない現在では、特に多くなりました。
北品川二丁目町会 向睦
宮本卯之助商店製作の北品川二丁目町会の神輿 宮本卯之助商店製作の向睦の神輿
鮫洲八幡神社惣町神輿 鮫洲八幡神社宮神輿
南部屋五郎右衛門修営の鮫洲八幡神社惣町神輿 南部屋五郎右衛門修営の鮫洲八幡神社宮神輿
氷川神社宮神輿 春日神社宮神輿
後藤直光製作の氷川神社宮神輿 後藤直光製作の春日神社宮神輿
水神町会 熊野神社大神輿
浅子周慶製作の水神町会の神輿 浅子周慶修営の熊野神社大神輿

大拍子と篠笛の拍子は「品川拍子」とも言われ、品川神社太々神楽の品川拍子から考案したものと伝えられています。太田神社の大拍子と篠笛は、鮫洲の角田忠太郎師匠から濱川の宮本喜久男師匠に伝わり、現在では宮本喜久男師匠のご子息である喜徳師匠に伝承されている手で、 「破矢」 「平間」「四丁目」「カンカン」「納め」の5曲目で構成されています。

「破矢」は神輿を上げる際や下す際に演奏されます。宮出しの際、及び接待所からの発御の際、 「破矢」が演奏されたら担ぎ手は速やかに神輿に肩を入れ、神輿を上げなくてはなりません。また、宮入りの際、及び接待所への着御の際、 「破矢」が演奏されたら担ぎ手は速やかに神輿を下さなくてははなりません。宮出しや御旅所からの出御前には「呼び太鼓」として 「破矢」を演奏し、担ぎ手に「もうすぐ神輿が上がる」ことを知らせます。

「平間」は神輿が比較的広い道や主要道路を渡御する際に演奏されます。比較的ゆっくりと落ち着いた調子で、 「平間」が演奏されると担ぎ手は賑やかに「ちょいちょい」で神輿を担ぎます。 「平間」は「一番」から「六番」で構成されますが、間どころと言われる「大間」が演奏されると、大波に揺れる小舟のように神輿を大きく上下にもみ、担ぎ手は大いに盛り上がります。

「四丁目」は神輿が狭い道を渡御する際に演奏されます。比較的早く賑やかな調子で、「四丁目」が演奏されると担ぎ手は神輿をもむことが許されません。しかし、宮出しや宮入りで神社境内で担ぐ際、参道を渡御する際、宮入りや御旅所への着御が近付いた際も演奏され、これらの場合は担ぎ手は賑やかに「ちょいちょい」で神輿を担ぎます。

「カンカン」は神輿を差す際に演奏されます。主に神輿を下す前や主要交差点で演奏します。また、喪中の氏子の家の前で演奏する場合もあります。「カンカン」が演奏されたら担ぎ手は速やかに神輿を真正面に向けて差し、微動も許されません。曲の間合いで「あーこーりゃ」と声を掛け、調子を取ります。

「納め」は神輿渡御が終了した際、御神魂をお返しする前に演奏します。責任ある立場の人間のみに演奏することが許されます。最後の手締めの意味合いがあり、担ぎ手は大拍子に合わせて手拍子を打ちますが、本来は手拍子を打たず大拍子に耳を傾けなくてはなりません。
大拍子と篠笛
大拍子と篠笛
(太田神社宮神輿二之宮)

このように、大拍子の曲目にはそれぞれ重要な意味があります。江戸前神輿のように、手締めで神輿を上げ下げしたり、手拍子や拍子木で調子を取ることは一切なく、担ぎ手は大拍子の曲目に従って神輿を担がなくてはなりません。