平成22年度戸越八幡神社例大祭
戸越八幡神社東京都品川区戸越)では毎年9月第2土・日に例大祭が行なわれ、氏子各町・睦会の神輿が渡御されます。3年に1度の大祭では宮神輿が渡御されます。平成22年の大祭では、6年振りに氷川神社宮神輿との合同拝礼式がかむろ坂上で斎行されました。平成2年に浅子周慶により製作された、台輪寸法三尺三寸の大神輿です。野筋に彫刻が施された延軒屋根の平屋台造りで、屋根に大きな浅子型鳳凰を戴くのが特徴です。戸越という地名の由来となった「江戸越へて 清水の上の成就庵 ねがひの糸の とけぬ日はなし」の古歌からも分かるように、正に城南担ぎと江戸前担ぎの境に当たる祭禮です。市野倉睦と付き合いがある帯刀会の神輿は城南担ぎです。
合同拝礼式 かむろ坂
6年振りに斎行された氷川神社宮神輿との合同拝礼式 かむろ坂を渡御する宮神輿
八幡坂通り商店街 カンカン
八幡坂通り商店街を渡御する帯刀会の神輿 帯刀会御神酒所前で「カンカン」
宮入り 宮入り
宮神輿の納めの担ぎのため例年より早い時間に宮入りしました
戸越銀座商店街 戸越銀座商店街
戸越銀座商店街を渡御する宮神輿