平成20年度羽田神社夏季例大祭
羽田神社東京都大田区本羽田)では毎年7月最終金・土・日に夏季大祭が行なわれます。土曜日の宵宮では六ヶ町連合渡御が行われ、穴守稲荷神社に旭町・仲七・仲東・上東・稲荷前・横町・前河原の神輿が集結します。日曜日は午前8時に宮神輿が宮出しされ、氏子全町を渡御し、午後12時30分に宮入りされます。午後3時には町内神輿連合渡御が行われ、弁天橋通りの弁天橋から羽田二丁目交差点までを十二ヶ町の神輿が渡御されます。猟師町の雰囲気を色濃く映し出す祭禮で、弁天橋の欄干には無数の大漁旗が掲げられます。宮神輿・町内神輿共に、荒波に揺れる舟のように左右に大きく振られる「ヨコタ担ぎ」によって渡御されます。「東京音頭」「うさぎとかめ」「羽田小学校校歌」等が歌われた後に「ヨコタでおいで、いちにのさん」の掛け声を合図に「ヨコタ担ぎ」が始まります。市野倉睦は羽田横町町会の神輿に参加しています。
羽田稲荷前町会御神酒所前 羽田稲荷前町会御神酒所前
羽田稲荷前町会御神酒所前で「ヨコタ」
ぱげぞう副会長 つんの弟
ぱげぞう副会長もつんの弟も飛んでいます
羽田横町町会御神酒所前 羽田前河原町会御神酒所前
羽田横町町会御神酒所前で「ヨコタ」 羽田前河原町会御神酒所前で「ヨコタ」