平成17年度浅草神社例大祭
浅草神社東京都台東区浅草)では毎年5月18日付近の金・土・日に例大祭が行なわれます。隣の浅草寺に縁の土師眞中知、檜前浜成・竹成兄弟が御祭神としてお祭りされているので、「三社祭」と呼ばれます。金曜日には名物大行列や表六ヶ町(浅草東・仲見世・浅草中央・浅草西・浅一三栄・浅草公園)宵宮連合渡御、土曜日には氏子四十四ヶ町連合渡御、日曜日には宮神輿の渡御が行なわれます。宮神輿は三基(一之宮・二之宮・三之宮)あり、それぞれ南部十六ヶ町・東部十二ヶ町・西部十六ヶ町に分かれて渡御します。昭和25年(三之宮のみ昭和28年)に宮本卯之助商店により製作された、台輪寸法三尺七寸の大神輿です。葺返しのない緩やかな勾配の延軒屋根の平屋台造りで、一之宮の屋根には鳳凰を、二之宮・三之宮の屋根には擬宝珠を戴き、軒下から巻き上がっている蕨手が特徴です。関東屈指の荒々しさを誇る宮出しに備えて、宮神輿の飾りは全て取り払われ、胴は晒と紅紐で巻かれます。
浅草神社宮神輿 浅草神社宮神輿一之宮
翌朝の宮出しに備え準備される三基の宮神輿 南部十六ヶ町を渡御する一之宮
画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します 宮出し
半纏を新調した仲見世青年部 氏子担ぎ手による宮出しは午前5時45分に開始
土師眞中知 御拝殿前
土師眞中知の御神魂が遷されます 御拝殿前で神輿を差します
浅草神社宮神輿二之宮 宮出し
後ろは東部十二ヶ町を渡御する二之宮 境内を2周して終了します
象一青年部星野淳氏 仲見世
象一青年部の星野淳氏と久し振りに会いました 仲見世町会祭礼委員長の挨拶
スズヤ前 六部エリア
スズヤ前を渡御する一之宮 六部エリアへ
五部エリア 四部エリア
五部エリアへ 四部エリアへ
二部エリア 雷門
二部エリアへ 300mを約40分で渡御されます