平成16年度鮫洲八幡神社例大祭
鮫洲八幡神社(東京都品川区東大井)では毎年8月14日付近の金・土・日に例大祭が行なわれ、宮神輿(通称中神輿)が渡御されます。土曜日は午前3時に宮出しされ、旧東海道鮫洲商店街を経て御旅所まで渡御されます。日曜日は午後3時に御旅所から出御され、午後6時に宮入りされます。鮫洲は古くから猟師町だったので、昔は惣町神輿(通称大神輿)や旧子供神輿が海中渡御をしていました。世の中にお目出度い出来事があると、惣町神輿が出御されますが、通常は宮神輿が出御されます。昭和42年に宮本卯之助商店により製作された、台輪寸法三尺三寸の大神輿です。惣町神輿より勾配が急な金色の銅葺き延軒屋根の平屋台造りで、宮神輿の新調を契機に、鮫洲祭禮會が結成されました。
呼び太鼓 鮫洲八幡神社宮神輿
鮫洲祭禮會竜チン氏による「呼び太鼓」 3年振りの出御となった宮神輿
旧東海道鮫洲商店街 鮫洲八幡神社宮神輿
旧東海道鮫洲商店街を渡御する宮神輿 鮫洲と北濱川との境で折り返します
宮本卯之助商店製作 鮫洲八幡神社宮神輿
宮本卯之助商店製作の宮神輿 昭和56年に南部屋五郎衛門により修営されました
鮫洲南町会桃太郎山車前 旧東海道鮫洲商店街
鮫洲南町会桃太郎山車前を渡御する宮神輿 旧東海道鮫洲商店街を渡御する宮神輿
鮫洲八幡神社宮神輿 カンカン
午前3時から夜通し渡御する宮神輿 「カンカン」で神輿を差します
鮫洲仲町会御神酒所前 鮫洲八幡神社宮神輿
鮫洲仲町会御神酒所前で「カンカン」 御旅所に着御する頃には夜が明けます