平成14年度戸越八幡神社例大祭
戸越八幡神社東京都品川区戸越)では毎年9月第2土・日に例大祭が行なわれ、氏子各町・睦会の神輿が渡御されます。3年に1度の大祭では宮神輿が渡御されますが、平成14年は陰祭りのため、氏子各町・睦会の神輿のみの出御となり、日本一長い商店街と称される戸越銀座に神輿が集結しました。宮神輿は担ぎ棒が横に組まれ、大拍子が括り付けられているものの、ちょいちょいは禁止で、氏子各町・睦会の神輿は城南担ぎ・江戸前担ぎ・迫り担ぎが混在しています。戸越という地名の由来となった「江戸越へて 清水の上の成就庵 ねがひの糸の とけぬ日はなし」の古歌からも分かるように、正に城南担ぎと江戸前担ぎの境に当たる祭禮です。市野倉睦と付き合いがある帯刀会の神輿は城南担ぎです。
戸越銀座商店街 カンカン
戸越銀座商店街を横断する帯刀会の神輿 「カンカン」で神輿を差します
八幡坂通り商店街 帯刀会御神酒所前
八幡坂通り商店街を渡御する帯刀会の神輿 帯刀会御神酒所前で「カンカン」
宮入り カンカン
神社脇から宮入りする帯刀会の神輿 「カンカン」で神輿を差します
帯刀会 戸越八幡神社宮神輿
最後に稲穂と五円玉と餅が撒かれます 3年に1度の大祭で出御される宮神輿