平成14年度品川神社例大祭
品川神社(東京都品川区北品川)では毎年6月上旬の金・土・日に例大祭が行なわれます、荏原神社の「南の天王祭」に対し、「北の天王祭」と呼ばれ、城南神輿の原点でもあります。城南地区各神社に伝わる大拍子は、品川神社太々神楽の品川拍子から考案されたものと伝えられています。金曜日の宵宮では一部の氏子町会の神輿が出御、土曜日の夕刻には氏子町会神輿連合渡御、日曜日は午前8時より宮神輿(午前から夕刻までは惣町神輿、夕刻からは中神輿)が渡御されます。平成14年度は、北品川二丁目町会の神輿が新調されて初めての例大祭となりました。宮本卯之助商店により製作された、台輪寸法二尺五寸の金色の銅葺き延軒屋根の平屋台造りで、品川神社宮神輿に倣い、屋根紋に品川神社の御神紋であり、品川神社縁の徳川家の御紋でもある「三葉葵」を戴き、「天下ひとなめの面(通称赤面)」が括り付けらるのが特徴です。
翔喜会氏 こぶ女氏
見物に訪れた翔喜会氏を発見 こぶ女氏も発見
みこし野郎氏 旧東海道中央通り
更にみこし野郎氏も発見 旧東海道中央通りを渡御する北二の神輿
尾張屋呉服店前 おたみ
尾張屋呉服店前で「おたみ」 「おたみ」で神輿を差します
新調神輿 聖蹟公園
平成14年4月28日に御披露目渡御されました 聖蹟公園に御仮屋を構えます
ちょいちょい 御仮屋
ちょいちょいが最高潮の北二の神輿 御仮屋に着御した北二の神輿
北二 北一
新調されたばかりの北二の神輿 北一の中神輿
北三 惣町神輿
宮本である北三の神輿 日曜日に出御される惣町神輿