平成14年度鮫洲八幡神社例大祭
鮫洲八幡神社(東京都品川区東大井)では毎年8月14日付近の金・土・日に例大祭が行なわれ、宮神輿(通称中神輿)が渡御されます。土曜日は午前3時に宮出しされ、旧東海道鮫洲商店街を経て御旅所まで渡御されます。日曜日は午後3時に御旅所から出御されます。鮫洲は古くから猟師町だったので、昔は惣町神輿(通称大神輿)や旧子供神輿が海中渡御をしていました。通常は宮神輿が出御されますが、世の中にお目出度い出来事があると、惣町神輿が出御されます。文化10年に山崎音次郎により製作された、台輪寸法四尺三寸五分の大神輿です。金色の銅葺き延軒屋根の平屋台造りで、全面に施された彫金細工の浮彫模様が特徴です。惣町神輿は、昭和34年に鮫洲八幡神社社宝として納められましたが、昭和47年の御社殿御遷宮を契機に、再び出御されるようになりました。平成14年は、皇孫殿下御誕生と御社殿御遷宮30周年を記念して、平成11年度例大祭以来3年振りに惣町神輿が出御されました。また、北町・仲町・南町の旧子供神輿による海上渡御祭が行なわれ、往時漁場であった大井埠頭や城南島の沖合を舟渡御されました。
北町旧子供神輿 仲町旧子供神輿
北町旧子供神輿の宮出し 仲町旧子供神輿の宮出し
南町旧子供神輿 旧子供神輿
南町旧子供神輿の宮出し 御仮屋に納められた各町の旧子供神輿
鮫洲八幡神社惣町神輿 宮出し
宮出しに備える惣町神輿 午前3時に宮出しされた惣町神輿
旧東海道鮫洲商店街 鮫洲八幡神社惣町神輿
まずは旧東海道鮫洲商店街を南下 3年振りの出御となった惣町神輿
鮫洲南町会御神酒所前 カンカン
鮫洲南町会御神酒所前を渡御する惣町神輿 「カンカン」で神輿を差します
鮫洲祭禮會 旧東海道鮫洲商店街
地元の鮫洲祭禮會が奉仕します 旧東海道鮫洲商店街を渡御する惣町神輿
鈴木健夫会長 みこし野郎氏
鈴木健夫会長と市野倉で一番の美男 みこし野郎氏を発見
夜明け 鮫洲北町会御神酒所前
空が明るくなってきました 鮫洲北町会御神酒所前で「カンカン」
鮫洲八幡神社惣町神輿 旧東海道
午前3時から夜通し渡御する惣町神輿 惣町神輿は旧東海道のみの渡御です
鮫洲八幡神社惣町神輿 旧東海道鮫洲商店街
御旅所に着御する頃には夜が明けます 旧東海道鮫洲商店街を渡御する惣町神輿
鮫洲 南町旧子供神輿
鮫洲と南品川との境で折り返します 南町旧子供神輿の御神輿舟
仲町旧子供神輿 北町旧子供神輿
仲町旧子供神輿の御神輿舟 北町旧子供神輿の御神輿舟
海上渡御祭船団 海上渡御祭
東京湾大井埠頭沖合の海上渡御祭船団 約40年振りに復活した海上渡御祭
御神輿舟 鮫洲八幡神社惣町神輿
桟橋に着御した御神輿舟 午後3時に御旅所から出御された惣町神輿
雨 翔喜会氏
生憎の雨でした 翔喜会氏の横顔其の一
旧東海道鮫洲商店街 翔喜会氏
旧東海道鮫洲商店街を渡御する惣町神輿 翔喜会氏の横顔其の二
鮫洲駅前 宮入り
鮫洲駅前を渡御する惣町神輿 午後6時に宮入りされます