平成14年池上本門寺御会式
池上本門寺東京都大田区池上)では毎年10月11〜13日に御会式が行なわれます。日蓮大聖人御入滅の御逮夜である10月12日に行なわれる万燈練供養では、日没とともに100以上の万燈講中の行列が、池上駅・大森駅両方向から池上通りを経由して本門寺新参道を練り歩きます。一心講では池上通り沿いさわやか信用金庫大森中央支店脇に万燈小屋を建て、大森・品川方面の万燈講中の行列が万燈小屋の前を通過します。一心講が本門寺に向けて出発するのは午後7時頃で、池上通りを一旦大森駅方向に進み、市野倉と新井宿との境で折り返し、本門寺に向かいます。新参道入口で池上駅方面からの万燈講中の行列と合流するため、なかなか先に進まず、大堂でお題目を唱えるまでに日付が変わる年もあります。その後、御廟所・歴代貫首墓所・大坊本行寺を参詣した後、呑川沿いを練り歩き市野倉に戻ります。
万燈小屋 纏
総檜造りの一心講万燈小屋 出立目前の一心講
一心講 一心講
出立後一旦大森駅方面に練り歩きます あたりや商事前で折り返します
池上通り 纏
池上通りを練り歩く一心講 纏の頭が「バシッ」と鳴る瞬間です
鈴木健夫氏 のりのり屋
鈴木健夫氏の纏振りは一心講で一番です のりのり屋の携帯ケースが揺れます
吉原崩し 新参道入口
常に馬簾が回る一心講の「吉原崩し」 新参道入口は一番の見せ所です
東電葛飾氏 斉藤収氏
東電葛飾氏の纏振り 斉藤収氏の纏振り
新参道 小池栄氏
新参道を練り歩く一心講 長老小池栄氏
霊山橋 本門寺総門
霊山橋を渡る一心講 総門前の一心講
本門寺総門 此経難持坂
総門を潜ると最高潮に盛り上がります 此経難持坂を上る一心講
本門寺三門 一心講
三門前の一心講 市野倉を出立後約4時間で大堂に到着します
本門寺大堂 本行寺
大堂に到着した一心講 本行寺を参詣する一心講
日蓮大聖人御臨終之間 立正佼成会大田教会
日蓮大聖人御臨終之間を参詣する一心講 立正佼成会大田教会
新井宿睦 品川っ子會
新井宿睦 品川っ子會
鈴ヶ森若睦 不入斗講
鈴ヶ森若睦よし村氏の纏振り 不入斗講
北睦講(非実在)わらじ氏&犬氏 大森仲好會
北睦講(非実在)わらじ氏と犬氏 大森仲好會
六士講 堤方結社
大森駅前から練り歩く六士講 堤方結社
大井西山会 朱鷺
鈴ヶ森若睦と帯同する大井西山会 朱鷺
橘華連 粋楽會
橘華連 粋楽會
鮫洲祭禮會 濱川萬燈會
竜チン氏所属の鮫洲祭禮會 濱川萬燈會
自緑結社 江戸川天夢會
自緑結社 Smily氏所属の江戸川天夢會
品川樂友連 新地品川に若連
徒死夜須氏所属の品川樂友連 に若雨氏所属の新地品川に若連
品川睦龍神連 片瀬睦
万燈を新調した品川睦龍神連 片瀬睦